水虫はなかなか完治しない!?

水虫はなかなか完治しない!?

水虫は治ったと思っていても症状が軽くなっただけで、真菌は影を潜めて潜伏していることが多々あります。ですので完治したと思わずしっかりと治すようにしましょう。こちらではどんな薬が効くのか検証してきたいと思います。

水虫は完全に治さないと再発する?

水虫は非常に長く付きあってはいかなくてはならない病気であるとして知られています。
最近だと水虫専用の治療薬も多く販売されるようになっていますが、一時的に症状が治まったということで薬を使用することをやめてしまう人が少なくありません。
ですがそのようにしてしまうと、外見では治ったように見えても後になってから再発するということがあり得るのです。
これには水虫の原因である白癬菌の活動が関係しています。
白癬菌は一度感染すると最も栄養分が多い角質層に住み着いて繁殖を繰り返し、繁殖が進行して大量の菌が出てきてしまうと水虫の症状が出てきます。
そして菌の数を減少させると症状は一時的に収まるのですが、ここで問題になるのが「菌の数」に関してです。
白癬菌が一つ二つ感染したとしても、そこで症状がいきなり発症するということはありません。
ある程度菌が増えてきたことによって痒みや皮膚の異常などが症状として出てくるのです。
そして先ほどのように「症状が治まったからもう治った」というように薬の使用をやめてしまったというような場合、角質層の奥にまだ白癬菌が潜んでいるというケースが多々あるのです。
加えて、白癬菌が活発に活動するには温度と湿度の条件が整うことが必要になります。
そのため冬場などになって温度が低くなると、白癬菌は活動を中断しやすくなるのです。
そうなると症状も一時的に治まりますが、菌自体が無くなっているわけではないのですから温度が上がると再び活動するようになります。
そして何よりも問題になるのが、水虫治療のための薬は耐性が出来やすいというところです。
菌を完全に死滅させる前に使用を中断してしまうと再発率が上がると同時に、それまで使用していた薬が効かなくなるということもありますから、水虫治療を始めた場合には完治するまで根気よく続けるようにしましょう。

水虫は初期症状で治すための判断基準

不愉快なほど強烈な痒みを発症させてしまう水虫ですが、なるべく早い対応が大切で、今後症状を悪化させないためにも、スピーディーに対応するように心がける事が大切です。水虫は正しい知識で、対応する事で、それほど恐れる病気ではないので、知識をしっかりと学び、生活を工夫する事によって、安心して暮らせるのではないでしょうか。初期症状で、水虫に気づく事は、症状を進めない為にも、非常に大切になってきますが、どのような症状が出るのか、分からない場合もあるのではないでしょうか。水虫の初期症状は様々ですが、自覚症状の多くは、痒みから始まりますが、痒みが出ている時点で、水虫はある程度進行していると考えて良いでしょう。もう少し症状が、進行する事で、水ぶくれや、皮が剥けるなど、目に見える形の症状が出てきます。気づいてすぐの場合は、ほとんどの場合初期症状なので、このような症状に気づいた場合は、なるべく早い対処を心がける事が重要と言えます。治療を行う場合は、病院に通い診断してもらい、薬による治療が基本になっています。市販薬よりも効果が高い薬を処方されるので、適切に治療を行う事が可能になるのではないでしょうか。また患部を常に清潔に保つようにする事が重要になってくるので、足などをしっかりと洗い、清潔に保つようにしましょう。また水虫の治療で大切になってくる事に、一緒に生活する方の協力があります。症状が出ていない場合でも、白癬菌に感染している場合も多く、一人で治療をしても、また新たに感染してしまう可能性も否定できません。このような理由なので、暮らしている方としっかりと情報を共有して、家族全体で、水虫治療を行うように意識して、生活するようにしましょう。

水虫が再発したら症状はどうなる?

足の指や足の裏がかゆくなり、皮膚がめくれるような症状を感じたら、水虫になっている可能性があります。水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種である菌が皮膚に付着することによって発症します。この白癬菌は、高温で多湿な環境で活発に成長し、増殖するため、足の指や足の裏など靴の中で蒸れやすい部位に発症することが9割とされています。
水虫は、完治するのが難しいため、再発することも多くあり、年々繰り返すことで症状がひどくなることもあります。水虫の症状を感じたら、必ず皮膚科で検査をすることが大切です。
市販薬などで自己判断で治療をする人もいますが、自己判断で治療をすると症状を悪化させることもあります。水虫には、さまざまな種類があるため、適切な治療を行うことが重要です。水虫はかゆみなどの症状が治まったとしても、完治しているかどうかがわかりにくい病気ですし、白癬菌は、皮膚の奥深くに住み着いているため、一時的に症状が良くなっても再発する可能性があります。
完治するには、継続した治療を行うことが必要ですので、症状が軽くなったと感じても、最低3ヶ月程度は薬を塗るなどして、根気よく治療をしていきましょう。
水虫を再発させないために、白癬菌が、住み着きにくい環境を作ることも大切です。お風呂上がりには十分に水分を拭き取り、乾燥させて清潔にするようにします。特に、靴の中が蒸れないようにすることが大事ですので、汗をかいた靴下はすぐに履き替えたり、通気のいい靴を選んで、なるべく靴を履く時間を短くするといいでしょう。また、不特定多数の人が利用している施設には、履物に白癬菌が付着していることがあるので、使った後にしっかりとケアをするようにしましょう。
■水虫撃退にはこれ!
水虫を死滅させたいならニゾラール
■信頼できる薬の通販サイトとは?
評判バッチリのあんしん通販薬局
■注意して欲しい
イトラコナゾールの副作用